スキンケアには欠かせないヒアルロン酸の特徴って?

スキンケアには欠かせないヒアルロン酸の特徴を知ろう

ヒアルロン酸は多くの美容液に含まれている保湿力が高い成分です。 ヒアルロン酸は細胞同士を結合させる為の成分であり、この量が減少することにより、肌が乾燥したり、ひび割れを引き起こしたりします。

 

また角質がはがれやすくなり、化粧のりも悪くなります。粘性が高く、筋肉や皮膚、軟骨などに多く含まれています。

 

ヒアルロン酸もコラーゲンやエラスチンと同じように真皮に存在しています。ただ、ヒアルロン酸は美容液に多く含んでいるものの、高分子のため、表皮から吸収するにしても、真皮へ届きません。

 

1gで約6リットルほどの水分を保持することができる特性から、肌に塗った時に肌に存在している水分を外へ逃がさず、表皮に留まらせることにより、角質のはがれやひび割れを防ぐことができます。

 

肌を保護する機能もあり、摩擦から肌を守ってくれますので、ひりつきなども防ぐことができます。

 

エマーキットにも、同じような効果が期待できるブドウ種子エキスやシルクアミノ酸が配合されています。

 

ヒアルロン酸がもたらす効果は他に更年期障害や生理痛といった女性特有の症状の軽減と、関節痛を和らげることができます。

 

美容整形などでよく聞くヒアルロン注射などは、真皮へ注入することに、ハリとつやがすぐに得られるものとなっていますが、定期的に注射をしなければならず、コストがかさみます。

 

現在では低分子に改良されたヒアルロン酸を使用した美容液が多いため、こういった製品を使用することで、肝心の真皮に浸透させることができます。

 

高額な製品が多いですが、注射よりリスクは低く、使用量も調整できますので、かえって低コストで済みます。

 

 

>>エマーキット(EMAKED)を最安値で通販する方法 TOPへ

関連ページ

加齢とともに減少するコラーゲンにはどんな特徴があるの?
加齢とともに減少するコラーゲンは皮膚や骨、軟骨に多く存在しています。効率良く吸収するためには、コラーゲンの特徴をしっかりと理解することが必要です。
高級化粧品に含まれるエラスチンの特性は?
高級化粧品に含まれるエラスチンは主に体の部位でも伸縮する頻度が高い、靭帯や動脈、そして真皮 に存在しているのが特性です。エラスチンの量が減っていくことでシワやたるみが生じてしまいます。
アンチエイジング効果が期待できるプラセンタって何?
プラセンタとは胎盤のことで、小ジワを解消して肌を若返らせるなどのアンチエイジングの効果があります。貴重なものであるため高額です。
唯一人間が体内で作れないビタミンCについて
人間は体内でビタミンCを作れないため、食事やスキンケアによって体に摂り込まなくてはなりません。その扱い方にも注意が必要です。
植物性エキスの魅力は肌への負担が抑えられること
植物性由来の成分は、漢方などに使われる薬草のエキスを使っているものも多く、肌荒れの改善や傷の改善を早めてくれます。肌への負担は少なく、エマーキットにもいくつかの植物エキスが入っています。