まつげのエクステにはどんなメリットとデメリットがあるの?

まつげのエクステのメリットとデメリットを知ろう

まつげが少なくて目が貧相に見えるという理由でまつげエクステの施術を受ける人は多くいますが、これは自毛に対して専用のエクステを装着する
ことによってまつげを長く魅せられるのが特徴になっています。

 

これによって目の印象が大きく変わるメリットがありますが、特に一重の人はまつげの量が増えるだけでもかなり与える印象を変えることができるのでエクステをするメリットは高いと言えるでしょう。

 

ただし、施術を受けた人のトラブルが後を絶えない現状があるのも事実で特に多くなっているのは液体が目に入って痛みを覚えて充血し涙が止まらないことや目に触れてしまうことによって結膜炎などのリスクを高めてしまう可能性もあります。

 

基本的に美容師免許を取得している人ではないと施術をすることができなくなっているので注意する必要がありますが、接着剤が原因となってアレルギー反応を起こすこともあります。

 

まつげ美容液を使用する場合は増毛を図ることになるのでエクステに比べるとリスクは小さく、自毛になるので違和感がないのもメリットになります。

 

ただし、エクステがすぐに伸ばすことができることに対してまつげ美容液の場合は継続してまつげ美容液を使用することによって少しずつ増毛を図ることになるので効果が出るまでの時間が長いという点です。

 

また、まつげ美容液に使用されている成分についても目に入ることによって痛みや充血などのリスクが高くなってしまう可能性もあります。

 

 

>>エマーキットを使ってみた私のまつげ効果ビフォーアフター♪ TOPへ

関連ページ

まつげには乾燥から目を守るはたらきがある
目を乾燥から守るのはまつげだけでなく、目薬を使用する場合もあります。エマーキットなどのまつげ美容液を使っているとその成分が目薬と一緒に目に入ってしまうこともあるので注意が必要です。
ごみから目を守ってくれるまつげ
目の印象によって雰囲気が変わるため、本来ごみから目を守るためにあるまつげをオシャレの一環として考える人が増えています。
まつげの生え変わりサイクルと美容液を使う時の注意点
まつげにも生え変わりのサイクルがあるため、美容液を使うことで効果が期待できる時とそうでない時があります。効果が期待できる時であっても、使用方法にはいくつかの注意点があります。
まつげのカールさせるために必要なのは?
まつげにカールがあると見た目の印象を大きく変えることができます。カールをつけるためにはビューラーを使用しますが、それでもある程度の毛量が必要になります。
まつげの手入れには様々な方法がある
目の印象を変えるためのまつげのお手入れには、マスカラやパーマ、エクステがあり、美容液を使う方法は自分のまつげを時間をかけて元気にするというものです。